多くの男性の自信を喪失させるEDには人それぞれ原因が存在

EDの原因や症状

EDは勃起不全と言われます。
原因はいろいろあります。要因は年々増加によって引き起こすさまざまの病気で男の体を弱くさせるとのことです。
本来は勃起という能力は外部からの刺激を受けて心理的や知覚的な感覚を沸かせてペニスを膨張させることです。
若い人と年寄り人の勃起力がきっと違うでしょう。原因は年寄りの人はペニスを使いすぎてしまって、陰茎内の海綿体の活力を死なせるほどの結果になるんです。怖いでしょう。
そして、年齢を重ねていくと共に、男性のホルモンが減少することもEDの原因の一つと思います。皆さんご存知のように、40歳以上の女性はほぼ更年期という期間があります。
その期間で各種類の病気が出てくるピーク期間と言われます。統一に言えば、更年期障害です。これは女性だけではなく、男性もこういう期間があるんです。
更年期障害になると、体が疲れやすいことを感じになったり、生活や仕事のストレスがあるために精神的な病気になります。
そのことが原因で生殖機能に影響が出て勃起不全になることもあります。
生活習慣も勃起不全の要因の一つだといわれます。不規律な仕事時間、飲食のバランスが良くない、常にエロイビデオや小説などを見て自己運動をするなどのいろいろなことをしたら、多少勃起に影響を与えます。
EDの症状もいろいろがあります。おもな症状としてはどんな性的な刺激を受けても勃起しないとのことです。これは男に対してすごく悲しいことなんです。
勃起という現象は面白いです。血液が大量にペニス内の海綿体に流れ込んで、ペニスを勃起させます。EDがある人は、血流が体に流れ込んでくる前に障害が起こってしまった。
ですから、流入量が減少して、ペニスが縮んで膨張できなくなってしまった。たとえ勃起しても海綿体が十分な血液をもらってないために、ペニスの硬さが膣区へ挿入できるほどのがないから、性交渉ができません。
これは医学上に動脈硬化と言われます。結構よくない現象だと思います。
症状を正しく把握して、早く治療しましょう。